部屋探しの時期はやっぱり春かね

私の場合は、引越し先はある程度決まっていましたし、時間がたっぷりあったという事もあり、部屋探しの時期にこだわらず、気に入った物件を見つけられる。

部屋探しの時期としては、3月末までに引越しを終えられるようにという目標で、秋ごろから開始。

時間に余裕がある為、周辺の家賃相場や環境等を、しっかり見る事が出来ました。

色々な物件を見れた為、どのように家賃が設定されているのかも、感覚的に分かるようになっちゃった。

このようにいろいろ勉強させていただき、自分の予算に合う、そして少しでも理想に近づく所を探りあてる。

さらに、2・3月までに退去する予定の方が、12月頃からちらほら出始めたのもあり、新しい情報も早く入手。

一番多い部屋探しの時期である春は、移動される方が多いので、時間に余裕があると良い物件に、誰よりも早く出会えます。

部屋探しの時期についてですが、新しい環境で出発される方がやっぱり多く、それよりも少し早めのお正月前後から始めると、少しでも希望に近い所が見つかるのではと思います。

ヴィヨンの妻を知らずに観た

どういう作品なのか、まったく知らずにレンタルしたDVD「ヴィヨンの妻」。観始めて数分で、「あれ?なんか文学的?」と思い、スマホで検索してみると、作者は太宰治だった。

なるほど、それでかと納得。作品は一度も読んだ事は無いが、ダザイズムと言えば破滅的で退廃的なイメージ。

この作品に出てくる小説家・大谷は、酒飲みで遊んでばかり。女にも不自由しない男。生きる事が辛く、常に死にたいと思いながら生きている。

ついに愛人と心中を図るが、それすら失敗に終っちゃう。それどころか愛人を殺そうとした、殺人未遂の罪にまで問われる始末。

人生における全ての尻拭いは、妻・さちに背負わせる。最初は妻の「健気さ」を感じたが、作品を観終わる頃には「逞しさ」に取って代わっていた。

どう考えても、大谷に太宰自身を投影していると思われるこの作品。さちは太宰の求める、女性像だったのだろうか。

はぁ、今日は嫌な感じ。何故か?理由は簡単、昨年就職の内定が決まった。普通おめでたい、祝うべき記念だが、逆。

同時に夢敗れた日でもある。俺は以前から海外へ、憧れを抱いてた。特にマリーナベイサンズ!シンガポールカジノホテルに泊まる!そう決め...一念発起。

無論、両親は大反対。青二才が遠く異郷の地で、何が出来よう?理由も軽薄と。勿論、ギャンブルや映画の影響が強い事は否めぬ。

だが、理由はどうあれ、独学で現地語やギャンブル関連、ありとあらゆる知識を詰め込めた。結果、教諭は支持するも、両親の反対に屈服。

情けねー話、シンガポールカジノ旅行が水泡へ帰す。

嗚呼もし当時、信念を曲げず強行すれば、現状スーパーマーケットで野菜の皮むき等せず、シンガポールカジノホテルで、豪遊出来たかもしれぬ...。悔しき事。

まー安定生活、給料、夢は現実にならず...か。シンガポールカジノのマリーナベイサンズ、いずれ絶対行くぞ。